SSブログ
本のこと ブログトップ
前の6件 | -

本を選ぶ [本のこと]

「 読書の秋 」

はとっくに過ぎてしまったけれども、たまには新しい本を探して読んでみようかと・・・

そのきっかけは、

クルマの任意保険を契約している、「ソニー損保からの一通メール」






rs.JPG





これによりますと、なんでもお誕生月のプレゼントということで、1000円分のポイントが優待でもらえ、ソニーの電子書籍ストアである、リーダーストア(Reader Store)の270,000冊の中から、好きな本を買ってくださいと言う事らしい・・・




・リーダーストア(Reader Store)
http://ebookstore.sony.jp/







では、さっそく選ぶとしましょう。

国内最大級の品揃えということで、ソニーポイントも使えるようです。

新刊、話題の本、セットもの・・目移りしますね・・・迷う迷う。。

「今だけ無料コーナー」

なんてのもあり、一巻目、もしくは三巻くらいまで無料で読ませて、あとは買ってくださいよ、てな感じで、面白い本だとこのやり口に釣られてしまうこともしばしば。







ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ブラック PRS-T3S/B

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ブラック PRS-T3S/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Personal Computers





さてさて、いろいろ目移りしながらも、

ぼくが選んだのは・・・

コレです  (マンガだけれど)



 
 




宇宙兄弟(1) (モーニング KC)

宇宙兄弟(1) (モーニング KC)

  • 作者: 小山 宙哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/03/21
  • メディア: コミック





実は活字の電子書籍はあまり好きでなくて、理由は活字だと疲れちゃうからで、マンガなら大丈夫なんだけど、それでも、eBookも合わせてまだ30冊くらいしか読んでいません。

この「宇宙兄弟」、前から読んでみたいと思っていて、ちょうど無料で3巻まで読めたのはいいけれど・・・

結局のところ、4巻、5巻も買う羽目になり、540円 x 2 = 1080円で

この時点でプレゼント分はもう終わってしまいました。

そして、6巻をちょっと立ち読みだけして今日のところはここまで。








宇宙兄弟(2) (モーニング KC)

宇宙兄弟(2) (モーニング KC)

  • 作者: 小山 宙哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/06/23
  • メディア: コミック




あぁ、久しぶりに、面白いマンガによくある

「ぐいぐい読んじゃう」あの感じで一気読みしてしまいました。

続きの巻をどうやって手に入れるか、ブックオフあたりを漁ってみようかどうしようかという所です。

さいごに内容というか感想ですが、人間くさいけれど魅力的な、登場人物への思い入れが強くならずにいられない、そんな物語です。

時代は2025年の設定で、10年未来の話だけれど、現実的な描写で好感がもてました。

今や日本人宇宙飛行士は珍しくもないけれど、その選考過程の厳しさと、裏にあるドラマに引き込まれます。

夢を追うことを忘れてしまった人に見て欲しい、そんな作品と思います。






おしまい









Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス










マイカテゴリ 本のこと
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304208055-1

本離れ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-02-26

若田さん、ソユーズで宇宙へ
https://versatile.blog.ss-blog.jp/2013-11-07




banner06-3.png




▼ コラムと読み物
https://yasssy.com/category/story



nice!(88)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ニッポン人は10着だと服が足りない [本のこと]

【 お知らせ 】

・当記事はこちらへリニューアル移管しました

フランス人って服は10着だけ?? ニッポン人は10着じゃ服が足りないけど・・
https://yasssy.com/colum-clothes







 
毎年この時季、上半期のベストセラーが発表になりますが、2015年上半期の1位はこの本

「フランス人は10着しか服を持たない」

でした。










【 内容紹介より 】

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、 フランスの貴族の家にホームステイすることになる。 その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、毎日を“特別な日"のように生きること。


・情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

だそうです・・



つづきをこちらからどうぞ

フランス人って服は10着だけ?? ニッポン人は10着じゃ服が足りないけど・・
https://yasssy.com/colum-clothes






フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

  • 作者: ジェニファー・L・スコット
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)









eiffel-tower-975004_960_720.jpg

banner06-3.png




▼ コラムと読み物
https://yasssy.com/category/story




nice!(58)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トーベ・ヤンソン [本のこと]

 
今日8月9日は、

トーベ・ヤンソンのお誕生日(1914年)で、

ことしは生誕100年にあたります。




関連リンク
http://www.tove100.com/




winter-2438791.jpg





トーベ・ヤンソンさんは、フィンランドのヘルシンキ生まれのアーティストで女性。

絵画から漫画、風刺画、絵本、小説などで、多才ぶりを発揮。

世界中の人々に愛されるキャラクター、あの

「ムーミン」

の生みの親ですね。







新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/15
  • メディア: 文庫






その愛らしい外見で親しみぶかい、

「ムーミン」シリーズだけれど、

単なるファンタジーにとどまらない世界観に引き込まれる人は、私を含め、多いようです。









新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/15
  • メディア: 文庫





引き込まれてしまったら、その足あとをたどってみたくなる。

その人が生まれた国の背景。

どんな家に生まれたのか、どんな風に育ったのか、何が好きだったのか。









ムーミンを生んだ芸術家 トーヴェ・ヤンソン

ムーミンを生んだ芸術家 トーヴェ・ヤンソン

  • 作者: 冨原 眞弓
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: 単行本





彼女はお酒とタバコが若い時から大好きだったそうで、度数の強いお酒を昼間から飲みながら、仕事を酔い潰れる事もなくこなしていたようで、これはちょっと真似できそうにありません。

そしてタバコはニコチンの多いものを好んだそうで、創作をする人には欠かせない、天啓にも似た「ひらめき」を呼び込む、魔法のくすりのひとつだったのかもしれません。





おしまい






関連記事


トトロの季節
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-04-24

禁煙教団
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-08-15





banner06-3.png





▼ コラムと読み物
https://yasssy.com/category/story



共通テーマ:日記・雑感

売れるキーワード [本のこと]

book-4070462_960_720.jpg
 
 
今朝のニュースからで、

今年上半期のベストセラーが、それぞれ発表されました。




・上半期最も売れた本は「長生きしたけりゃ…」
















順位と部数は以下のとおりで、

いずれもまだ読んでいないけれど、本屋に積んであったら、

つい、手に取ってみたくなるようなタイトルばかりです。



1位 「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」 93万部


2位 「人生はニャンとかなる! 明日に幸福をまねく68の方法」 70万部


3位 「村上海賊の娘(上・下)」 約55万部
















1位



長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

  • 作者: 槙孝子
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2013/06/27
  • メディア: 新書






人類共通の願望というか夢

「長生きしたけりゃxxx」

の見出しには、みなさん弱いようで、その信憑性のいかんにかかわらず、中身を見たくなってしまう気持ちはとてもよく分かります。

ただ、実行するか否かは本人の意思によるところで、また継続となると自分の周りにはそうそういないようで、読むだけにならないようにしたいもの。

なにがしかのヒントはどんな本からでも得られると思います。











2位




人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

  • 作者: 水野 敬也
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






この、

「xxxxのいくつの方法」

系も手に取ってしまう度が高いですね。


「何とかなる」よりもはるかに目をひく、

「ニャンとかなる」って、ざぶとん一枚!!












3位




村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 単行本









私的にはいちばん読んでみたいのがこれ。

「本屋大賞」受賞の作品でもあります。


美女と野獣のように、対極にあるようなキーワードの組み合わせ。

「海賊」「娘」

これは気になります。













おしまい














村上海賊の娘 下巻

村上海賊の娘 下巻

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 単行本

















banner06-3.png
スマホで見やすく読込みが早い! 新ブログもどうぞよろしくお願いします!!




共通テーマ:日記・雑感

こころ [本のこと]

 
 
ことしで、連載開始からちょうど100年。











先週あたりに、某新聞でなにかキャンペーンめいたものを見て、

「そういえば、昔買っといた覚えがあるような・・・」

記憶は正しかった。

カバーはどこかへ行ってしまっていたけど、ちゃんと本自体がありました。









こころ (新潮文庫)

こころ (新潮文庫)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 文庫





買うだけ買って読んでない本って、けっこうあるみたいで、まだまだ棚の奥に名作が眠っているかもしれません。

同じ漱石でも「坊ちゃん」 ↓ は面白おかしく先に読んだけれど、そのあと買った「こころ」は当時はちょっとこうひっかかるというか、イヤな感じがして読み進めなかったのでした。

しばらくぶりに本を少しだけ開いてみると・・これは匂うぞ・・・アタリだったのに気づかなかった。 なんたる不覚。

そんな訳で、ここ一週間はこれ ↑ ばっかり夢中で読んでます。










坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫





邪道かもしれないけど、読み始めたら、結末が知りたいがために、内容はちゃんと把握しながらも、かなり飛ばしつつ読んでしまった。

読書という名のエンタテイメント。

最後まで読んで、しばしの放心状態。。

・・・・・・

仕事の昼休み中だけ読んでいたので、3日かかってしまった。 家でも夜読もうか迷ったくらい。

終わったら、もう一度最初から。 面白い本は何度でも読みたい。

また、ときどき飛ばしたり、こんどは戻ったりしながら、ふと時代背景を追ってみたり、つかわれている言葉を調べたりして全体をなめて行きます。

100年も前の文章なんだけど、古さをあまり感じないし、人間の普遍性である「こころ」がテーマだから、今の時代にも通じるものがたくさんあると思います。







おしまい











こころ (集英社文庫)

こころ (集英社文庫)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1991/02/25
  • メディア: 文庫











関連記事

痴人の愛
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-03-28

9月1日 防災の日 「天災は忘れた頃にやって来る」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-09-01

1970年11月25日 三島由紀夫が割腹自殺
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-25







こころ

こころ

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: Kindle版







KIMG0644-1.jpg

banner06-3.png



▼ コラムと読み物
https://yasssy.com/category/story





共通テーマ:日記・雑感

痴人の愛 [本のこと]


谷崎文学のとっかかりとして読んだのがこれ、

「痴人の愛」

ティーンエイジも終わりのころ。

近代日本文学というと、なにやらカタいイメージだけれど、読んでみると全然そんなことはなかった。









痴人の愛 (新潮文庫)

痴人の愛 (新潮文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1947/11/12
  • メディア: 文庫






手にした当時は失恋後ということもあり、女性にこっぴどく振り回されるという、ジョージくんの気持ちが痛いほどよくわかり、他人事とは思えず見入ってしまい、この耽美な世界に引き込まれてしまいました。











春琴抄 (新潮文庫)

春琴抄 (新潮文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/02/02
  • メディア: 文庫





物語の時代背景は大正時代で、100年近くも前のことなんだけど・・読んでいて思うのは、時代は違っていても、「男と女」って、今とあんまり変わってないというか、変わりようがない気がしますね。

女性の魔性と、それにおぼれてしまう悲しい男の性(さが)は変えようがありません。

男女平等なんてありえない絵空事。





おしまい
















卍 (新潮文庫)

卍 (新潮文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/12/12
  • メディア: 文庫












蓼喰う虫 (新潮文庫)

蓼喰う虫 (新潮文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/11/02
  • メディア: 文庫












関連記事

1970年11月25日 三島由紀夫が割腹自殺
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-25

こころ
https://versatile.blog.ss-blog.jp/2014-04-28




KIMG0638-1.jpg

banner06-3.png





▼ コラムと読み物
https://yasssy.com/category/story




共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | - 本のこと ブログトップ

PC版サイトでの閲覧を推奨しています