SSブログ

「クレイジークライマー」 ゲーム狂時代 [コンピュータ 電気製品]

 
クレイジーなクライマー・・ 弾丸登山ではありません。。

ゲーム(アーケード)のお話しで、なつかしい動画を発見してしまった。





・クレイジークライマー
http://www.youtube.com/watch?v=0IchwfXGh2A








当時(1982年くらい?)としては、いろいろと画期的だったと思える、

クレイジークライマーというこのゲーム。 

何が画期的かというと・・・当時のゲーセンはたいていのゲーム機が、

【 レバー(移動) + ボタン(発射など) 】

だけの組み合わせだったけど、このゲームにはボタンはなく、

【 レバーが2本だけ 】

どうやってやるのかなぁと? 考えていたけど、人のプレイを見ていてようやくわかりしました。








【PS4/PS3対応】リアルアーケードPro.V4 隼

【PS4/PS3対応】リアルアーケードPro.V4 隼

  • 出版社/メーカー: ホリ
  • メディア: Video Game




その2本は人の手の左右に対応していて、リズム良くレバーを動かすと、手がビルの窓枠をつかみよじ登ってくれる感じ。

そして、時折現れる(面がすすむとひっきりなし)、さまざまな障害を避け、ただひたすらに屋上をめざし登っていくだけなのだけけど、実際にやってみるとなかなか難しく、思った通りには動いてくれません。

また、個性的な借り物のキャラクターや、あきらかにパクリの音楽など、突込みどころも多いです。(今ほど著作権がウルサくない時代)









オレたちゲーセン族 クレイジー・クライマー

オレたちゲーセン族 クレイジー・クライマー

  • 出版社/メーカー: ハムスター
  • メディア: Video Game




そして、

「ピピッ、パパッ」と小気味のよいサウンド。

「痛っ」、「ガンバレ」などの当時は画期的だった音声合成。

美しい画面にフルスクロール、といろいろの点があるけれど、最大のハマり要素としては、操作の難しさ、攻略の難しさでしょう。










クレイジークライマー

クレイジークライマー

  • 出版社/メーカー: 日本物産
  • メディア: Video Game





当時、中坊の私はこれにハマってしまい、

小遣いの大半を注ぎ込むことになってしまいました。。











Ultra2000 クレイジー・クライマー

Ultra2000 クレイジー・クライマー

  • 出版社/メーカー: メディアカイト
  • メディア: CD-ROM





今現在は、復刻版や移植ものなども、家庭用ゲーム機で出てるようですが、やっぱりオリジナルのレバー2本でやりたいと思うのです。

猛者はゲーセンにあるような筐体を買ったりしていそうな気がしますね。






おしまい











HYPER CRAZY CLIMBER  ハイパークレイジークライマー

HYPER CRAZY CLIMBER ハイパークレイジークライマー

  • 出版社/メーカー: 日本物産
  • メディア: CD-ROM











MajorWaveシリーズ CRAZY CLIMBER アーケードヒッツ クレイジー・クライマー

MajorWaveシリーズ CRAZY CLIMBER アーケードヒッツ クレイジー・クライマー

  • 出版社/メーカー: ハムスター
  • メディア: Video Game












「ゲーセン」最強読本 ―永久保存版名作ゲームBEST100

「ゲーセン」最強読本 ―永久保存版名作ゲームBEST100

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: ムック











banner06-3.png





▼ ネットとデバイス
https://yasssy.com/category/nevice



▼ PlayStation4【伝説のエラーコード WS-37397-9】解決方法は?
https://yasssy.com/game-ps4-ws373979


・クレイジークライマー
幻の5~8面 超絶テク
https://youtu.be/kKBGIRQrQIc


オマケ

面クリアの元の音楽

1面 不明

2面 ・The entertainer / Scott Joplin

3面 ・Song for anna / Ohta San (Paul Mauriat)

4面 不明

特に調べてないので知ってる範囲で…
不明分は閃き次第更新しておきます


共通テーマ:日記・雑感

PC版サイトでの閲覧を推奨しています