SSブログ

習近平訪英 ロンドンは騒然 [情報とソース]

 
 
日本の新聞社は1社を除き・・・


「中国の悪口」


は書いてはイケマせん。。

ということになっているらしいので、


「習近平訪英 ロンドンは騒然」


などとタイトルに書いてみても、 はて?? 何のこと?? 

そんなニュース知らん・・・と思う人の方が多いでしょう。









1/24 けいおん! SP 映画けいおん! ロンドンタクシー









・本日の新聞記事より

【 読 売 】 習主席、英女王主催晩さん会出席…議会で演説も
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151021-OYT1T50030.html?from=ycont_top_txt

【 朝 日 】 習主席、英議会で「蜜月関係」強調 晩餐会は皇太子欠席
http://www.asahi.com/articles/ASHBP2DQ7HBPUHBI006.html

表向きのニュースはこんなところですが・・・


私の購読しているニュースより一部抜粋しますと、


・ ロンドンは、

「チベットに自由を」「失業を輸出した中国は帰れ」

のデモで騒然


・ 中国のカネを当てにする英国は、

習近平が持参した巨額の投資を前に腰折れ、議会での演説まで認めた


・ 英国王室は最高級のもてなしで中国の国家元首を遇し、

さすがの英国民もあきれ顔


・・・だそうです。








【 宮崎正弘の国際ニュース・早読み 】 (習近平夫妻が訪英)
http://melma.com/backnumber_45206_6275532/






さて、

どちらのニュースが正しいとかそういうことでなくて、

ぶっちゃけ、イギリスは中国マネーに目がくらみ、

買収されつつあるというのは最近私も感じるところで、

人権の先進国であるイギリスが、

チベットの事を黙っているはずもないのは想像がつきます。

こうなると、


「習近平訪英 ロンドンは騒然」


も、あながち大げさでもない気がしてきます。

















問題は日本のマスコミが日本の味方でもないということ。

事実を報道しているのだろうけれど、大国の顔色を伺い過ぎ。

そしてそれを真に受けてしまう人のなんと多いこと!!


あまり、政治や国際関係の記事は書かないように控えていたのですが、

大手メディアの報道や論調に踊らされ、

コピペされたかのごとく、それが私の意見と言わんばかりの人が多いので、
(たとえば 安保法案 原発など)

つい、ペンをとりました。








おしまい





「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路

「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路

  • 作者: 宮崎 正弘
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)







関連記事


世界情勢を読む 「ロシア政治経済ジャーナル」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-17

中国、沖縄へ侵攻開始
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-11-08

ルーチン・ワーク
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2014-06-14







banner06-3.png






▼ ニュースと話題
https://yasssy.com/category/news





nice!(75)  コメント(2) 

nice! 75

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
らしゅえいむ

接近中のようですね。
昨晩、今晩の流星群のように。
・・・
雲が邪魔して見えません(T_T)
by らしゅえいむ (2015-10-22 21:01) 

やっしー

らしゅえいむ様 コメントありがとうございます。
特定の国を非難したりするのは好きではありませんし、
とくに「親中」でも「嫌中」でもありませんが・・・
大国の脅威が接近中ということは、
もっと多くの日本人が知らなければイケナイ事と思います。

by やっしー (2015-10-25 07:41) 

since2008 (旧タイトル : わたしの雑誌) yasssy.comの新ブログもどうぞよろしくお願いします!