SSブログ

丹沢での事故 [防災と気象]



たしか10年くらい前にも近い場所で、悲惨な水難事故があったと記憶していますが・・・同じことがやっぱり繰り返されてしまうのでしょうか。



・玄倉川水難事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E5%80%89%E5%B7%9D%E6%B0%B4%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E6%95%85



high-water-123205_960_720.jpg




ニュースの中で出てきた、2トンほどの重さがあるクルマ。

頑丈そうで万能そうにみえる高級SUV(おそらくは、トゥアレグ)

おとなしい自然の前では、それなりに能力を発揮して快適であるけれど、ひとたび自然が牙をむけば、まったくの「無力」と思われます。








・夫、血を流しながら救出活動 親族が語る 神奈川・山北のキャンプ場事故
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140802/dst14080221160013-n1.htm





以下の記事は、「水」よりも軽い、「風」の災害だけれど、

そんな軽い「風」でさえ、強力になれば、クルマよりも、もっと重いダンプカーやタンクローリーを吹き飛ばし、そして電車でさえも横転させてしまいます。







・ツイスター 「TWISTER」
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-04

・秋深まる 今日から11月 木枯らし 冬のパワフル風に注意
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2012-11-01






かくなる私も、

釣り中に川で流されたり

サーフィン時の海でのヤバイ体験はいろいろあって、

あまり偉そうなことは言えません。

キャンプ場も利用する時はしますが、その辺の適当な川原や海辺でも、いいところがあればテントを張ったりすることもあります・・・いずれにせよ野営の危機管理は自分でしないといけないです。







おしまい










SILVA(シルバ) シルバコンパス No.3 Black ECH137







あとがき

夏は楽しく自然を身近に感じることが可能な季節だけれど、毎年繰り返される事故には、自然への認識の甘さが表れている気がします。 丹沢といえば神奈川県人としては親しみの深いところで、うちからは大山も見え、山歩き、釣りにキャンプと手近な自然を楽しんで来ました。 この日の天気はとても不安定。 夜になると、うちから北北西の丹沢山地のほうからは、雷鳴とともに激しい稲光が空を明るくして、そのピカピカの回数たるや、古くなった蛍光灯の点滅のごとく頻繁で、気象レーダー画面でもその激しい雷雲の様子が伺えました。










西丹沢登山詳細図ー檜洞丸・大室山・畦ケ丸・大野山 全120コース







banner06-3.png




毎年繰り返される水の事故を防ぐために!!
https://yasssy.com/water-acc


【相模川のライブカメラと水位まとめ】非常時の増水に備える
https://yasssy.com/weather-sriver






共通テーマ:日記・雑感

since2008 (旧タイトル : わたしの雑誌) yasssy.comの新ブログもどうぞよろしくお願いします!