SSブログ

スズキ「ハスラー」勝手にインプレッション  [乗り物]

 
スズキから、

「ハスラー」がデビューしました。











産経「ジムニーのDNAを生かしたかった」軽とSUVを融合したスズキ「ハスラー」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140104/biz14010418000012-n1.htm

メーカー公式ページ
http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/





年末の発表だったけれど、もう店先には当然出ていて、そのスタイルは、パッと見かわいくて人目をひく気がして、今どきの軽のデザインっぽく、女性受けしそうな感じですね。

ベース車は実績のあるワゴンRとの事なので、性能や走りもそこそこ悪くないでしょう。

値段はそれと比べると少し高めでしょうか、オプションも多い様なので欲張ると嵩んでしまいそうです。

燃費はワゴンRとトントンですが、空力的にはすこし劣りそうな感じですね。

15インチの鉄チンはキャップなしで好感がもて、そしてデザインも悪くない。

ここは評価したいところ。








月刊自家用車増刊 SUZUKI ハスラー(HUSTLER) 2014年 02月号 [雑誌]

月刊自家用車増刊 SUZUKI ハスラー(HUSTLER) 2014年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 内外出版社
  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: 雑誌






ここからすこし辛口に・・・


ジムニーのDNAうんぬんと言っているけれど、

FFか、それベースの4WDで、ジムニーのDNAもないでしょう。

名車のネームバリューだけを借りるのはいかがなものか・・・














迷、珍車として愛される要素もありそうだけど、デザインは奇抜で乗るにはすこし恥ずかしい。

クルマっていうのは服でもあるんですよね。 着こなしてナンボですから。

コンセプトは面白いのに、イジリ方が中途半端。

このクルマだけじゃないけど、あきらかに女性客を意識したデザインは好きになれません。

断っておきますが、私はスズキ車は大好き。













縁あって、足としてきた車が多く(以下)、

初代のワゴンR、2代目のアルト、

歴代のアルトワークス、4代目のセルボ、そしてマイティボーイ、他、

思い入れも大きいので、あえて辛口の意見になってしまいました。


「スズキらしい、これよりもっともっと割り切った楽しい車」

を待っています。




おしまい












俺は、中小企業のおやじ

俺は、中小企業のおやじ

  • 作者: 鈴木 修
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2009/02/24
  • メディア: 単行本












関連記事


ホンダ「フィット」勝手にインプレッション
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-09-05

「マニュアル車」復権!
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17-1

理想のクルマ
http://versatile.blog.so-net.ne.jp/2013-07-22











スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解

スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解

  • 作者: 二階堂 裕
  • 出版社/メーカー: 芸文社
  • 発売日: 2010/06/21
  • メディア: 単行本












NEWジムニーブック―1970~2007

NEWジムニーブック―1970~2007

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本












hustler.jpg










banner06-3.png






▼ クルマ 乗り物
https://yasssy.com/category/car


▼ 4×4 4WD SUV クロスカントリー
https://yasssy.com/car-4wd














共通テーマ:日記・雑感

PC版サイトでの閲覧を推奨しています