SSブログ

フォルクスワーゲン 「ビートル」 そして 「ゴルフ」 「ニュービートル」 [乗り物]

 
今日7月3日は、

フォルクスワーゲン・タイプ1が発表された日(1938年)


通称は「ビートル」














いちどは所有したいと思いつつまだ縁がありません。

自分とフォルクスワーゲンとの関係はというと、実家で乗っていたゴルフのⅡ型。

ディーラー車の5ドア、右ハンドルで3AT。グレードはCLiだったと思います。















3ATだけど、当時の日本車にはない乗り味で、ドアの閉まる音と、シートの質感がとても気に入ってました。

話しは戻り、ビートルはビートルで当時は革新的な車だったけど、誕生から30年以上がたち古さは否めなくなりました。


そして「ゴルフ」(1974年)の登場と相成り、

・ビートル ⇒ 空冷の水平対向 エンジンは後ろで後輪駆動のRR

・ゴルフ  ⇒ 水冷で直列   エンジンは前で前輪駆動のFF

とレイアウトから何から何まで変わってしまったのだけれど、時代にあったパッケージングで大ヒットとなりました。















そんなゴルフも今では6代目で、乗ればすばらしい車なんだろうけど、食指は動かない。

進化のお題目の元に、年々でかく、重く、そして肥大化の一途をたどり、4代目からは3ナンバーサイズ。

スタイルは初代ゴルフが一番カッコイイと思います。

そんなゴルフの4代目にビートルの外観を模したのが、ニュービートルで、当然ながらFF(ベースがゴルフなので)。










フォルクスワーゲン (ワールド・カー・ガイド)

フォルクスワーゲン (ワールド・カー・ガイド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコパブリッシング
  • 発売日: 1993/06
  • メディア: 単行本







まあ、見た目は丸っこくてかわいらしげで、ビートルっぽいけど、中身はゴルフ。

見た目だけっていうのはどうかと思うなぁ・・・ボンネットもあけません、メカの事はわかんない、って人にはいいかも。

まぁ、それだけ「ビートル」のスタイルが優れている事なんだと思います。


便利で快適な車も選べる中で、あえて古い車にリスクをしょって、(故障、エアコンなし等)

粋に乗っている人に拍手、そして敬意を表したい。

道ですれ違うと「おおっ!!」って思いますね。







おしまい































type1.jpg

banner06-3.png





▼ クルマ 乗り物
https://yasssy.com/category/car


フォルクスワーゲンのこと
https://versatile.blog.ss-blog.jp/2015-09-27



since2008 (旧タイトル : わたしの雑誌) yasssy.comの新ブログもどうぞよろしくお願いします!